導入機材

DJIとは

なぜDJIを採用しているか

DJIは、一般向けのドローン市場において約7割のシェアを占めており、高性能なドローンやフライトシステムを次々と世に送り出しています。また、ほとんどの機種が国土交通省に登録されているため、飛行申請や保有機器の登録が省略化されるというメリットがあります。

DJI Mavic Air 2

DJI Mavic Air 2

小型で扱いやすいだけでなく、
長時間飛行が可能。
また、有効画素数が4800万と、
4Kの写真の撮影ができるため空撮には
もってこいの機体です。

DJI Phantom4 Pro V2.0

DJI Phantom4 Pro V2.0

GPSモード、ATTIモードの2モードでの
飛行が可能。
実技講習では実際にDJI Phamtom4 Pro V2.0を使用していただきます。

Real Flight(リアルフライト)

Real Flight(リアルフライト)

ドローンを実際に操縦しているかと感じるくらいリアルな操縦が可能なドローンシミュレーター。ドローンを操縦していない時間に、感覚を掴んでいただくためシミュレーターで練習していただきます。